HOMEブログ店長ブログ >奈良北町店 2017年10月 ① トイレの臭い

奈良北町店 2017年10月 ① トイレの臭い

2017/10/01

トイレに入るとなぜか臭う。
掃除してもすぐに臭ってくる

トイレの臭いの原因は、
尿の飛び散りなどにより雑菌が繁殖
時間とともにアンモニア臭を発生するのが原因。


トイレの臭いの発生源箇所

1、便器周辺の床・壁

  拭き掃除はしていても雑菌の繁殖により
  時間が経つとアンモニア臭を伴った臭いが発生
  特に床面は注意して拭き掃除をしていても、
  壁に飛び散った尿汚れは疎かになりがちです。
  壁紙に一度染みついた臭いはなかなか取り除くことは難しい

掃除方法
  床、壁面もトイレ用洗剤を壁に塗布し、
  それを塗り広げるように濡れ拭きし、
  その後、よくすすいだ雑巾で拭きます。
  さらに、乾いた雑巾で拭き上げます。

2、便器と床の接合部分

  便器と床の接合部には必ず隙間があり、
  便器から水や尿が垂れて溜まった汚れや
  床にはねた尿の汚れが溜まってしまいます。
  その隙間に入り込んだ汚れや繁殖した(雑菌=臭)いのもとは、
  雑巾による拭き掃除ではまず取り除くことは出来ません。

掃除方法
  不要になった歯ブラシなどを利用
  トイレ用洗剤を接合部に塗布しながら
  隙間に歯ブラシの毛を差し込む様に擦っていき、
  汚れをかきだしてください。

3、ウォシュレット便座の裏面と接合部の汚れ

  便座を外して裏側を見てみると
  尿汚れが蓄積して黄色い石のようにカチカチに固います
  これを尿石と呼び、トイレ独特の臭いの原因の一つになります。
  トイレユニットの取扱説明書を保管されていれば
  説明書に便座の取外し方法の記載がありますので
  一度取り外して確認してみてください。

掃除方法
 取扱説明書にしたがって便座を外してみてください
 (その際は便座のコンセントをあらかじめ抜いください)
 お使いのトイレ用の洗剤を一度塗布して歯ブラシでこすります
 
4、リム裏の汚れ(便器の上面の淵を「リム」と呼称します。)

 リムの裏側は鏡かかがみこんで膝をついて汚れを見てください
 このリム裏に汚れが溜まっている場合が多く、
 これが臭いの原因になっている。
 
掃除のコツ
 リムの汚れにトイレ用の洗剤を一度塗布して歯ブラシでこすります

5、トイレの室内換気扇

トイレ室内の換気扇にはフィルターが付いています。
換気扇カバーを外すとその内側にフィルターがあります
ないのもあります
このフィルターを掃除していないと
ホコリでフィルターが詰まってしまっていて、
実質的に換気が出来ていない場合があります。
本来換気されて外に排出される臭い菌が
いつまでもトイレ室内に留まり、
臭い菌が増殖してしまっていることが、
トイレの嫌なニオイの原因になっていることがあります。